三崎流、起業するときに知っておくべき「最も大事なこと」

マーケティング
本記事は、三崎優太の著書『時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則』(KADOKAWA)の中から一部を抜粋・編集しています (画像=PIXTA)ビジネスは「市場」という領土の奪い合いお金持ちになるために、起業して成功したいと考える人も多いと思います。実際、私自身がお金に不自由しない生活を送れるようになったのも、起業をし、それを成功させたからでした。そこで本記事では、起業のためのアイデアと、それを成功させるための実践的な提案をしていきます。起業をする際に私が最も重要だと思っていることがあります。それは「ビジネスは市場という領土の奪い合い」という考え方です。ビジネスというのは、そこに参入しているプレーヤーたちが命がけで「領土」を奪い合う“戦争”であり、価値のある領土を手にすることで勝者になっていきます。例えば、市場規模が「100億円」の業界があったとしましょう。その業界で起業しようと思ったら、「100億円」という「領土」を奪い合う戦争に参入すると考えてください。参入後、ビジネスがうまくいき、「1億円」の売り上げを達成したとします。この場合、あなたの会社は「1%」の領土を獲得したということになります。さらに業績を伸ばし、ついに100億円の売り上げを達成できたとしたら、それはあなたの会社がその業界の市場(領土)の完全独占を成し遂げたことを意味します。もちろん、領土を100%独占するなんて、そ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました