ビットコイン、約40年ぶりの水準となった米インフレ率の影響を受け上昇

マーケティング
日本時間12日夜に発表された米消費者物価指数(CPI)は予想を上回り0.5%上昇。前年度同月比では7%の上昇を見せた。この水準は1982年6月以来、約40年ぶりの水準となる。エコノミストらは0.4%の上昇を予想していたが、それを上回った形だ。 (画像=Shutterstock)同指数の発表後、ビットコイン(BTC)は数分間で4万3400ドル(約497万円)から4万4000ドル(約504万円)付近へと上昇。その後、米市場時間が終了する間際には4万4200ドル(約506万円)台に突入した。アジア時間が始まり若干の下落は見られたものの、記事現在は4万3700ドル(約500万円)台を推移している。インフレヘッジとしての役割を求める需要が見られた様子だ。先週にはFRBの報告を受け、4万ドル(約458万円)を割った瞬間もあったが、現在では地固めの様子と見受けられ、サポートラインとして機能することが期待できるようになった。しかし、Bitinfocarts.com のビットコイン大口動向によれば、昨年11月をピークにビットコインは手放されている。今年に入り、若干上向きの動向が見られるものの、まだ静かな状態が続いている。12日にはパウエルFRB議長が公聴会で暗号資産(仮想通貨)についての質疑応答で、数週間以内に「暗号資産とデジタル中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する報告書を公開する予定であり、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました