住宅購入時の資金贈与に関する非課税制度と利用上の注意点

マーケティング
(画像=Looker_Studio/stock.adobe.com)住宅を購入する際の自己資金として、親もしくは祖父母から資金援助を受ける方もおられるでしょう。また、その際には非課税の特例制度を利用できることも広く知られているところです。ただし、贈与における非課税制度は他にもあることから、それらの内容をしっかりと理解し、そのときに最適な非課税制度を利用することが大切です。そこで本稿では、贈与税の仕組みや、数ある非課税制度の内容、さらには贈与税対策にはどのようなものがあるのかについてもあわせて解説します。目次贈与税の仕組み暦年贈与相続時精算課税制度贈与税の計算上の注意贈与税対策について「暦年贈与」を利用した生前贈与相続開始前3年間の贈与については相続税の対象に住宅購入における資金贈与に関する非課税制度要件および非課税限度額住宅取得等資金贈与の非課税制度の注意点贈与した日および住宅購入契約日非課税になるのは購入時だけではない贈与税の今後の動向に注目贈与税の仕組み (画像=9dreamstudio/stock.adobe.com)贈与税とは、個人間の財産の受け渡しにより課税されるものです。法人から贈与を受けた際は贈与税の対象とはならず、所得税の対象となります。贈与税の課税制度は大きく「暦年贈与」そして「相続時精算課税制度」の2つがあり、どちらかを選択することができます。ただし、一度

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました