金沢工大、脳の損傷後に機能を代償する新規神経回路を作り出す分子機構を解明

2017-08-24_00h03_35 IT総合
金沢工業大学(金沢工大)は1月13日、脳損傷後に失われた機能を代償するために必要な神経回路を作り出す分子機構を解明したと発表した。
脳損傷後、機能回復を目指した新たな神経路が形成される - 産総研らが発見
同成果は、金沢工大 バイオ・化学部応用バイオ学科の小島正己教授、大阪大学大学院 生命機能研究科の張理正博士(現・延世大学研究員)、同・山本亘彦教授らの共同研究チームによるもの。詳細は、神経科学
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました