Appleが「UberやLyftのサブスクリプションから手数料を徴収しようとしていた」ことを示す社内メールが話題に

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
AppleはiOS向けアプリストアであるApp Storeにおいて、アプリ内課金(In App Purchase/IAP)によるゲームアイテムやデジタルサービスの購入に最大30%の手数料を課しています。「Apple税」とも呼ばれて批判されているこのシステムでは、配車サービスやデリバリーサービスなど「物理的な商品やサービス」の購入は手数料の対象外となっていますが、Appleが2018年頃に「物理的サービスを提供するUberやLyftの上前をはねる計画」を練っていたことを示す社内メールがTwitterに投稿され、話題になっています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました