芦名浄楽寺 御朱印文化 デジタル技術で NFT活用 三浦半島初〈横須賀市〉

2017-08-24_00h03_35 IT総合
鎌倉武士・和田義盛夫婦の依頼で仏師・運慶が手掛けた仏像(国重要文化財)が安置される、芦名の浄楽寺がデジタル技術「NFT」を活用した御朱印の発行を開始した。「NFT」とは「ノン・ファンジブル・トークン」の略称で、同一物を複製可能なデジタル上においてもその唯一性を証明できる仕組み。また同寺によると御朱印とは本来、写経を神社仏閣に収めることで参拝した本尊の身代わりに朱色の判を押した紙をその寺社からもらう
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました