テスコムの無水調理電子鍋「テーブルクッキングポット」を使ったら、料理上手になった気がした

ガジェット総合
鍋がおいしいこの季節、調理家電の新作から見つけた注目商品が、卓上で無水調理の鍋やグリルとして活躍する、テスコムの「テーブルクッキングポット TGP70A」です。鍋の容量は3.5Lと大きく、3〜5人で食卓を囲むときも重宝します。用途別に使い分けができるプレートも付属して、実売価格1万4300円(税込)。これはコスパが良さそうな予感がします!
 
さまざまな調理家電をレビューしてきた筆者が、プロの目線で本機の実力をじっくりチェックしました。
↑テスコム「テーブルクッキングポット TGP70A」●サイズ:高さ200×幅380×奥行き300mm/質量:約3.8kg(深なべ取り付け時)
 
3種プレートやコンロでも使えるなど汎用性が高い
まずは調理家電としての特徴からチェックしていきましょう。ベースとなる「深なべ」は、無水調理だけでなく、煮る/焼く/蒸すといった調理も可能な1台3役。また、焼きものにピッタリな「溝つきプレート」と、たこ焼きが21個焼ける「たこ焼きプレート」が付属しているので、幅広いメニューに挑戦できます。
↑卓上IHクッキングヒーター(右下)の上に、深なべ/溝つきプレート/たこ焼きプレートのいずれかをのせて使います
 
↑A4サイズの雑誌「GetNavi」との比較
 
無水調理に欠かせないフタのパッキンは、厚く、耐熱性がありそうなゴム製

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました