人ではなくAIが選ぶ「蔦屋家電+ 大賞」決定! 時代を反映した注目製品が受賞

IT総合
次世代型ショールーム「蔦屋家電+」は1月14日(金)、2回目となる「蔦屋家電+ 大賞」を決定。グランプリおよびTOP10を発表しました。
受賞したプロダクトは、1月14日~2月27日の期間で開催している「FUTURE LIFE」フェア(1階正面入口)にて展示しています。
審査員はAI?
第2回「蔦屋家電+ 大賞」は、2020年1月2日~2021年10月31日に「蔦屋家電+」で最低30日以上展示された179点のプロダクトを対象に審査しました。
ユニークなのは、審査員が人ではなくAIであるということ。来店客が立ち止まったり体験したりする様子をAIが画像解析し、滞在時間と体験人数の1日平均を算出して“来店客の注目度”を計測しました。
客観的なデータをもとに選考した結果、必ずしも未来的なもの・斬新なものが選ばれたわけではなく、今を生きる人々の生活や関心事、情勢などを反映したプロダクトが選ばれたとのこと。受賞プロダクトから見えてくるキーワードは「つながり」と「体験」だといいます。
グランプリは、自然な会話が魅力のロボット
まずは、グランプリを受賞したプロダクトを紹介しましょう。
株式会社ミクシィの開発するコミュニケーションロボット「Romi」です。表情豊かな手のひらサイズのロボットで、自律的な会話が特徴です。数千万の日本語データを学習した「Romi」は、人のように返事を都度考え、雑談などにも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました