マジで野鳥を呼べる!巣箱の作り方と掛け方を伝授/新、田舎暮らし派、注目!サトヤマ通信(5)

ガジェット総合
「巣箱は庭のエクステリア」っていうのも悪くはないけれど、できれば本気で野鳥を呼び寄せ、野鳥観察を楽しみながら、彼らの子孫繁栄に手を貸してみたい。あなたがそう考えているならば、9割以上の確率で野鳥が入るという「まちがいのない巣箱作り」を目指したいものだ。で、今回は巣箱作りのスペシャリストに教えてもらった「正しい巣箱作り」の実践。
 
庭のマツの木に掛けられたシジュウカラの巣箱
 
これは、ビッグサイズのフクロウの巣箱。表面にスギの樹皮を張ってある
 
アオバズク(フクロウの一種)の巣箱。細長い形で、巣穴も大きい
 
子どもが自由な発想で塗装した巣箱も発見
 
3年前から巣箱作りに取り組んでいるというFさんのお宅を訪ねてみた。庭のマツの木に2カ所、母屋の裏手の柿の木に1カ所、シジュウカラ用の巣箱が掛けてあり、営巣する小鳥たちの様子を家の中から家族で観察できるようになっている。この他にも、アオバズク用(フクロウの一種)の大きな巣箱や大型のバードフィーダーなども用意され、かなりサスガな〝スバコロジスト〟(?)の香りが漂っている方なのだが、そんなFさんに、DIYで作る巣箱の作り方や巣箱の正しい掛け方を教えてもらった。
 
巣箱の作り方の基本
素材はスギかヒノキの一枚板がおすすめ。合板は反るからダメ
鳥の種類によって、適切な巣穴や巣

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました