所得控除とは?種類や計算方法、節税額の目安についてわかりやすく解説

マーケティング
所得控除を受けた場合、節税になることは知っていても、その仕組みはよくわからないのではないでしょうか。所得控除の種類や特徴を知っておけば、節税によって手取り額を増やせます。今回は所得控除の種類や計算方法、目安となる節税額について解説します。所得控除とは (画像=umaruchan4678/stock.adobe.com)税金を計算する時、各納税者の個人的事情を加味するための制度のことを所得控除といいます。例えば「扶養親族がいる」「まとまった医療費を支払った」など、一定の要件に当てはまる場合に適用されます。所得税や住民税を計算する際、収入から必要経費を差し引いた所得金額に税率を掛けて税額を算出します。所得控除が適用されると、所得金額から一定額を差し引いて税金を計算できるため、所得税や住民税にかかる金額が軽減されます。税額控除との違い一方、所得金額に税率を掛けて算出した税額から一定の金額を控除できる制度を「税額控除」といいます。代表的なものに「住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)」がありますが、所得税額から住宅ローン年末残高の一定割合が控除されるため、所得税が軽減されます。所得控除と税額控除はどちらも税負担の軽減が期待できますが、計算方法が異なる点を理解しておきましょう。所得控除による節税額の目安所得控除による節税額は、「所得控除額×(所得税率+住民税率)」が目安となります。所得税率

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました