Intelのここ10年内に登場したCPUに潜むリモート操作される脆弱性に緊急パッチがリリースされる

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Intelが第1世代Coreプロセッサー以降のCPUに含まれるリモート管理機能のバグによって、コンピューターを遠隔でフルコントロールされる危険性があることが判明し、2017年5月1日にIntelは脆弱性を修復する緊急パッチをリリースしました。
Intel® Product Security Center
https://security-center.intel.com/advisory.aspx
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました