プログラミング教育のライフイズテックと大阪府が高校向け大阪版情報教育モデルの構築に向け連携協定を締結

2017-08-24_00h03_35 IT総合
中学生・高校生向けIT・プログラミング教育サービス「Life is Tech !」(ライフイズテック)を展開するライフイズテックと大阪府教育委員会は1月19日、高校における情報教育モデル構築に関して連携協定を締結したことを発表した。これにより、2022年度から高校の必修科目となる「情報Ⅰ」に対応したプログラミングおよびデータサイエンスの教員向け研修、学習プログラムの整備を実施する。
連携協力事項
府立高等学校等の情報科教員の指導力向上及び授業実践方法の研究に関すること
府立高等学校等における情報教育の実施及び教材の利用に関すること
先行実施するモデル校に対し、今後の情報教育の在り方の検討及び情報教育がもたらす生徒への教育効果の実証などを目的とした調査に関すること
府立高等学校などにおける実践事例の他自治体などへの広報および普及に関すること
前号に掲げるもののほか、甲および乙が必要と認めること
具体的な取り組みとしては、次の3つ。
教え手の育成:教育委員会、情報部会、校長会と連携しながら、オンライン完結プログラミング教材「Life Is Tech Lesson」(ライフイズテック レッスン)を使った教員の研修を実施。教員自らが教わる体験を通じて、情報科教員の指導力を強化する
学習プログラムの提供:希望するモデル校に「Life Is Tech Lesson」を提供。ライフイズテッ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました