三原舞依が涙 四大陸5年ぶりV

2017-08-24_00h03_35 IT総合
フィギュアスケートの4大陸選手権女子フリーで、SP首位の三原舞依が17年以来、5年ぶり2度目の優勝を飾った。日本勢は新型コロナウイルスの影響で中止となった2021年大会を除き、6連覇となった。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました