東日本の太平洋側・沖縄 大雨警戒

2017-08-24_00h03_35 IT総合
東日本の太平洋側では14日の昼前にかけて、南西諸島では15日にかけて激しい雨が降り、大雨となる所がある。土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも注意・警戒が必要。落雷や竜巻などの激しい突風の恐れも。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました