高齢者の免許返納は2年連続減少 ―― 5月からは「運転技能検査」「サポカー限定免許」導入

マーケティング
この記事は2022年5月11日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「高齢者の免許返納は2年連続減少~5月からは「運転技能検査」「サポカー限定免許」導入」を一部編集し、転載したものです。目次要旨75歳以上ドライバーの免許返納率は4.72%。昨年より0.38ポイント低下コロナ禍で自家用車の利用が増加。公共交通機関を避ける傾向は継続高齢ドライバーの免許更新制度の見直し実車での「運転技能検査」導入「サポカー限定免許」の新設高齢ドライバーの免許更新制度見直しの課題検査対象者の選定、評価基準の継続的な見直しに期待要旨 (画像=PIXTA)警察庁の発表によると、2021年の運転免許証の自主返納件数は51万7,040件で、前年より3万5,341件減少した。このうち、75歳以上は27万8,785件で、前年より1万8,667件減少した。減少の要因として、昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「3密」を避けた移動手段が好まれるようになったことが考えられる。本稿では、免許返納率の推移と、5月13日からはじまるサポカー限定免許や運転技能検査等の改正道路交通法の動向を紹介する。75歳以上ドライバーの免許返納率は4.72%。昨年より0.38ポイント低下高齢ドライバーによる自動車事故を減らすために、運転免許が不要になったり、加齢に伴う身体機能低下等によって運転に不安を感じるようになった高齢ドライ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました