「藻」をPC用電源として使うことに成功

2017-08-24_00h03_35 IT総合
シアノバクテリア(藍藻:らんそう)が生成する電流だけを使用して、6カ月以上マイクロプロセッサを動作し続けることに成功したと研究者が発表しました。
Powering a microprocessor by photosynthesis - Energy & Environmental Science (RSC Publishing)
https://doi.org/10.1039/D2EE0
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました