著作権法は憲法修正第1条「匿名での言論保護」を覆すことはないと裁判所の判決が下る

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
著作権侵害を理由に気に入らない匿名のインターネットユーザーを裁判所に呼び出そうとする要請に対し、「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)は、アメリカ合衆国憲法修正第1条による『言論の自由保護』を無効にする効力はない」とカリフォルニア州の合衆国地方裁判所が判決を下しました。著作権侵害の疑いがあるユーザーの身元開示を求めた下級裁判官の判断を覆す判決となり、インターネットにおける匿名性での言論保護について重要な判決だと見られています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました