メタバース上のアート展、デジタルヒューマンが案内人に

IT総合
WebXRコマースを運営する株式会社palan(以下、palan)とデジタルヒューマンを生成する株式会社データグリッド(以下、データグリッド)が協業を開始。
palanが展開するメタバースのアート展に、データグリッドのデジタルヒューマンがコンシェルジュとして登場しました。
AR試し置きも可能なWebXRコマース
palanが運営するWebXRコマースは、Webブラウザ上で体験可能なVR店舗を作成・展開できるサービス。来店客は、気になった商品をARで自分の部屋などに試し置きしてサイズを確認したり、そのままワンストップで購入したりできます。
WebXRコマースの空間デザインは、店舗のイメージ画像を3Dモデルで作成したもの。実店舗の360度画像を撮影する方法よりも自由な世界観を表現でき、実店舗を持たない事業者でも利用しやすいといいます。
また、1枚の画像から簡易的な3Dモデルを作成する独自技術により、低コストでの“AR試し置き体験”を実現しているようです。
シンセティックAIによるデジタルヒューマン
一方、データグリッドが生成するデジタルヒューマンは、“シンセティックAI”を活用して誕生。
シンセティックAIとは、動画像や音声などの合成データを生成するAIのことです。
予測や認識を強みとする産業分野のAIとは異なり、創造性を発揮するデータ生成AIだといいます。
WebXRアート展へ行って

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました