エヌピーディー・ジャパン、最新外食・中食レポート「2022年4月、中食売上は2019年同月比8.6%、2021年同月比4.2%増、テイクアウト、調理済惣菜・弁当類は今後も増加の見通し」を公表

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
外食・中食市場情報サービス『CREST(R)*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、クリストス・クリストフォロー代表)は、中食市場*2 2022年4月の動向分析レポートを2022年6月23日に公表します。本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。中食市場の2022年4月の売上は2019年同月比で8.6%増、2021年同月比で4.2%増でした。スーパー、コンビニ、その他フルサービスレストラン、ファストフードでの中食が伸長しました。4月以降6か月間の中食における消費行動の見通しとしては、テイクアウト、レトルト食品、冷凍食品、調理済惣菜・弁当類について、「増えそう」が「減りそう」の比率を上回りました。中食市場の2022年4月は、売上4.2%増(2021年同月比)2022年4月の中食市場の売上(金額市場規模)は2019年同月比で8.6%増、前年同月比で4.2%増でした(図表1)。平均支払金額の伸び(2019年同月比12.7%増、前年同月比4.0%増)が寄与しました。2022年3月にまん延防止措置が解除され4月は規制の無い1カ月でしたが、中食市場は引き続き堅調に成長しています。スーパー、コンビニ、その他フルサービスレストラン、ファストフードが伸長中食市場で売上の多いトップ4業態の成長率(図表2)をみると、スーパーが前年同月比1.1%増、2019年同月比8.4%増

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました