3Dプリント用プラスチックの市場規模、2027年に19億700万米ドル到達予測

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「3Dプリント用プラスチックの世界市場:タイプ(フォトポリマー、ABS、PLA、ポリアミド)、形状(粉末、液体、フィラメント)、用途、エンドユーザー業界(航空宇宙・防衛、ヘルスケア、自動車、電子・消費財)、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を6月22日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1091561-3d-printing-plastics-market-by-type-photopolymer.html3Dプリント用プラスチックの市場規模は、2022年の7億2,100万米ドルからCAGR21.5%で成長し、2027年には19億700万米ドルに達すると予測されています。3Dプリント用プラスチックの用途別グレードの開発が、今後の市場の成長を促進すると予想されます。一方、製品の廃棄に関する環境問題や、新興国での新技術の受け入れに関する遅れが、同市場の成長にマイナスの影響を及ぼしています。COVID-19の3Dプリント用プラスチック市場への影響COVID-19の発生は、世界200カ国以上に影響を与えるパンデミックとなり、個人用保護具(PPE)と医療用品の深刻な不足が生じました。医療機器製造ラインは、世界的な需

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました