7つのチャートがあればビジネスでは無敵!? 今日から使える仕事術『チャートで考えればうまくいく』

ガジェット総合
オンライン会議が主流になった今、画面越しから「伝える」ことの大切さを実感するようになりました。対面であれば、雰囲気で「ん? なんか伝わっていないな〜」とわかりましたが、相手がカメラをオフにしていたり、小さい1コマから全員の表情を感じたりするのはとても難しく感じます。
 
そんな時に使いたいのが、2万枚の企画書制作から生まれた「セブンチャート」。これを使うと画面越しでも、伝えたいことがわかりやすく伝えられると話題になっています。今回は、今すぐ使えて、一生役立つ一冊『チャートで考えればうまくいく』(安藤芳樹・著/ディスカバー・トゥエンティワン・刊)をご紹介します。
 
「セブンチャート」って何?
まずチャートと聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
 
仕事で「ガントチャート」や「フローチャート」を使ったり、自己分析のために「マンダラチャート」を使ったりしている人も多いかもしれませんね。チャートとは、テキストや数値情報を表やグラフなどに可視化した図のこと。パワーポイントにもたくさんのチャートがあるので、資料作りで使ったことがある人もいるでしょう。
 
しかし、「情報を整理するのに、このチャートでいいの?」と悩むこともありますよね。そんな時に役立つのが、今回ご紹介する「セブンチャート」です。
 
「セブンチャート」は、文章を分解してはめ込

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました