兵庫県養父市を再現したメタバースがオープン! 鉱山見学や観光名所めぐりが楽しめる

VR
6月27日(月)20:00に、地方創生型メタバース「バーチャルやぶ」がオープンします。兵庫県養父(やぶ)市と吉本興業が「地域の魅力をエンタメの力で盛り上げていくメタバース」して開発したもので、メタバース発のクリエイターも制作に協力しています。
「バーチャルやぶ」のモチーフとなったのは、兵庫県北部に位置する人口22,000人の町・養父市。かつて日本一のスズ鉱山として栄えた明延鉱山がある町として知られています。
「バーチャルやぶ」では、明延鉱山の坑道跡を見学したり、吉本興業所属のタレントとコラボした採掘ゲームを楽しんだりすることができます。また、鉱山で運行されていた「一円電車」に乗って観光名所めぐりをしたり、養父市役所を再現した建物で「バーチャル養父市」の住民になれるデジタル住民票を交付してもらうことができます。
制作にはメタバース発クリエイターも協力しています。メタバース施策コンサルティングを行う株式会社アオミクリエイトの代表取締役のあおみさんが一円電車と養父市役所のワールド制作に、VRワールドクリエイターのVR蕎麦屋タナベさんが明延鉱山の制作に携わっています。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=jB6KKvWFbB4?feature=oembed&w=500&h=281]
6月27日(月)20時からは、「バーチャ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました