円安ってなに?

マーケティング
hisa-nishiya/stock.adobe.com1ドル130円台と20年ぶりの円安水準を記録している昨今ですが、そもそも実は円高と円安の違いがよく分からない方も多いのではないでしょうか。新刊『これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生』の著者で、元銀行員、資産運用YouTuberの小林亮平氏が円高と円安の違いや実体経済への影響などを解説します。円安と円高の違い 引用:USD/JPY|Googleファイナンスさっそくですが、上記のグラフを見てください。これは日本円と米ドルを両替する際の相場(為替レート)です。為替レートは日々動いており、現在は1ドル130円台と大幅に円安へ傾いています。この背景としては、日米の金利差拡大があります。依然として低金利が続く日本円を持つよりも、利上げが見込まれる米ドルを持った方が、その分だけ利息がつくので、日本円を売って米ドルを買う動きが加速しています。基本的には円が売られると、円の価値が下がって円安になります。では、ここで改めて、円安と円高の基礎的な知識を分かりやすく解説していきましょう。 円の価値が「安くなる」のが円安、「高くなる」のが円高円安と円高を混乱する人は多いですが、頭に「円の価値が」とつけると理解しやすいです。たとえば日本円と米ドルの為替レートが1ドル=100円だったとして、ある時期に円が売られてドルが買われた

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました