SBINFT、NFT真贋判定技術の研究開発開始。AI活用

IT総合
NFTマーケットプレイスを運営するSBINFT株式会社は、ブロックチェーンとAIを活用し、NFTの真贋判定などを可能にする技術の研究開発を開始しました。
これにより、ブロックチェーンの課題を解決し、公益に資するNFT技術の発展を目指すとのことです。
オンチェーンデータの課題
近年、金融やエンタメ領域で活用が進むブロックチェーン技術は、アプリの普及により一般利用者にも身近なものとなっています。
ブロックチェーンアプリでのデータ保存は主に、取引データをブロックチェーン上で保存する“オンチェーンデータ”と、ブロックチェーン外のデータベースなどで保存する“オフチェーンデータ”に分類されます。
オンチェーンデータのメリットは、対改ざん性のある分散型台帳上のデータとして保存可能なこと。一方で、保存領域にデータを書き込む際に法的なデータ判定ができず、他者の権利を侵害したNFTデータの流通などが起きるという課題もあるといいます。
高精度・半自動的な真贋判定
そこで同社は、AIとNFTの特性を生かした技術の研究開発を開始。金融やエンタメ領域における先行事例を研究し、開発を進める構えです。
具体的には、AIによる精度の高い半自動的なブロックチェーンデータ真贋判定技術を開発するとのこと。また、画像類似度とウォレットの仕組みを連携させたマーケティング応用のシステムも開発するといいます。
さらには、将来的な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました