2022年6月の日銀短観の予測 ―― 世界経済の減速感を確認する

マーケティング
この記事は2022年6月17日に「第一生命経済研究所」で公開された「2022年6月の日銀短観の予測」を一部編集し、転載したものです。 (画像=cassis/stock.adobe.com)目次業況は好・悪材料がせめぎ合うインフレの打撃設備投資は堅調金融政策への影響業況は好・悪材料がせめぎ合う2022年7月1日に発表される日銀短観2022年6月調査では、大企業・製造業の業況判断DIが、「良い」超の14と、前回(14)から横ばいで推移すると予想する(図表1、2、3)。企業の業況判断DIは、2021年9・12月の18がピークになって、前回2022年3月は14と悪化していた。2022年3月はウクライナ侵攻の悪影響があった。今回は、上海でのロックダウンによる中国減速に、半導体不足の長期化、原油高騰が加わって、自動車が悪化するだろう。ほかにも、電気機械や素材産業も業績下押しの圧力が強い。その一方で円安効果が企業収益を押し上げていることは、好材料だ。そうした好・悪材料の両方がせめぎ合って、製造業の業況DIは、横ばいになるとみられる。 (画像=第一生命経済研究所) (画像=第一生命経済研究所) (画像=第一生命経済研究所)非製造業では、オミクロン株の感染拡大が改善し、消費活動が再開されたことから、業況判断は改善すると見込む。大企業・非製造業の業況判断DIは、今回2022年6月は13へと前回

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました