OpenSea、オープンソースプロトコル・Seaportへの移行計画を発表

マーケティング
この記事は2022年6月16日に「月刊暗号資産」で公開された「OpenSea、オープンソースプロトコル・Seaportへの移行計画を発表」を一部編集し、転載したものです。 (画像==Diego/stock.adobe.com)大手NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスのOpenSeaが14日、売買プロトコルをSeaportへ移行することを発表した。Seaportは非中央集権型のオープンソースとなっており、利用するユーザーたちが自由に構築してリリースすることが可能となっている。この移行に伴い、これまで課題とされてきたガス代(手数料)を最大35%削減できるという。昨年のデータを基準に計算した場合、4億6,000万ドル(約610億円)ものガス代を削減することができることになる。また新規ユーザーの口座開設手数料もなくなるため、ユーザビリティの向上が見込まれている。OpenSeaのコミュニティとしても年単位で1億2,000万ドル(約160億円)もの金額を節約することが見込まれるため、大きなコスト削減につながるとしている。この他、Seaportへの移行により、コレクション全体にオファーをする「コレクションオファー」や、属性別のアイテムにオファーをする属性別のオファーが可能となった。属性別のオファーは上位100アイテムにのみ最初は利用可能になるとのことだ。Seaportの移行により、ウォ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました