メルコインが暗号資産交換業者として認可 メルカリにビットコイン取引機能導入へ

マーケティング
この記事は2022年6月20日に「月刊暗号資産」で公開された「メルコインが暗号資産交換業者として認可 メルカリにビットコイン取引機能導入へ」を一部編集し、転載したものです。 (画像=WaniWani/stock.adobe.com)暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うメルコインは17日、金融庁より資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての認可を受けたと発表した。登録番号は関東財務局⻑第00030号で、現時点での取引銘柄はビットコイン(BTC)のみとなっている。メルコインは発表で、今後2023年度中(2022年7月〜2023年6月)を目処にサービス提供を開始する意向を示した。具体的には、フリーマーケットアプリ「メルカリ」の売上金やポイントのほか、スマートフォン決済アプリ「メルペイ」の残高を利用してビットコインの取引ができる機能の提供等を計画しているという。メルコインは、「今後『メルペイ』における決済・送金・与信機能の提供に留まらず、暗号資産の購入や資産運用機能の提供等、より利便性の高い金融サービスを利用できる環境づくりを目指しています」と述べている。メルコインは昨年4月に「メルカリ」を提供する株式会社メルカリの100%子会社として設立された。兼ねてよりメルカリは暗号資産決済に対して関心を寄せており、2020年12月に暗号資産関連の求人募

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました