中国車載電池CATL、高容量の新型電池を量産へ

2017-08-24_00h03_35 IT総合
CATLの新型電池はバッテリーパックの内部構造を簡素化し、システム全体のエネルギー密度を高めた(写真は同社ウェブサイトより)
中国の車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は6月23日、「セル・トゥー・パック(CTP)」と呼ばれる最新技術を用いた新型電池を2023年から量産すると発表した。
CTPは電池セルや冷却システムを組み込んだバッテリーパックの内部のスペース効率を高める技術で、(リチウ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました