NASAが地球外生命体の存在が期待されるエウレカとエンケラドゥスの海を探査するためのロボット研究に出資

2017-08-24_00h03_35 IT総合
木星の衛星エウロパや土星の衛星エンケラドゥスの外殻の下にある海は、太陽系内での生命体の存在が期待されている有力な場所だ。
 その海の中を小型ロボットの群れで探索するというアイデアに、NASAが資金提供をする運びとなったそうだ。
 これはNASAイノベイティブ・アドバンス・コンセプト(NIAC)プログラムの一環として行われるもので、この泳ぐロボットの名を「SWIM(Sensing With Inde
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました