バイオベースコーティングの市場規模、2027年に182億米ドル到達予測

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「バイオベースコーティングの世界市場:樹脂別 (アルキド、ポリウレタン、アクリル)・用途別 (建築、輸送、木工、包装)・地域別 (アジア太平洋、北米、欧州、南米、中東・アフリカ) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を8月4日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1105477-bio-based-coatings-market-by-resin-alkyd.htmlバイオベースコーティングの市場規模は、2022年の115億米ドルからCAGAR9.5%で成長し、2027年には182億米ドルに達すると予測されています。アジア太平洋地域の建築物市場は活況を呈しており、バイオベースコーティングの需要増につながることが予測されます。牽引要因:バイオベースコーティングの炭素排出量削減環境に優しい特性への需要は、過去10年間コーティング産業で見受けられた重要なトレンドです。これは、塗料のライフサイクルにおけるVOCと炭素排出量に対するEUの厳しい規制によるもので、溶剤系塗料から水性塗料や粉体塗料など環境に優しい製品へ需要がシフトしています。抑

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました