シャープ、円安進展、中国ロックダウンなどがネガティブに–1年に1度新製品の体制見直しも

2017-08-24_00h03_35 IT総合
シャープは、2023年3月期第1四半期(2022年4~6月)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比8.1%減の5621億円、営業利益は66.7%減の61億円、経常利益は31.9%減の174億円、当期純利益は24.3%増の269億円となった。
Source: シーネットジャパン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました