給餌装置の市場規模、2027年に39億米ドル到達予測

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「給餌装置の世界市場:種類別 (レール誘導式、コンベアベルト式、自走式)・家畜別 (反芻動物、家禽、豚)・提供製品/サービス別 (ハードウェア、ソフトウェア、サービス)・技術別 (手動式、自動式)・機能別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を8月4日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1105259-feeding-systems-market-by-type-rail-guided.html給餌装置の市場規模は、2022年の27億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2027年には39億米ドルに達すると予測されています。給餌装置では、多数の動物に短時間で給餌することができ、各動物に割り当てられた飼料を行き渡らせ、各動物が同時に同量の飼料を食べる機会を持つことを可能にします。給餌装置により、多数の動物に短時間で給餌することができ、動物は割り当てられた飼料を食べることができるようになります。牽引要因: 世界的な酪農場の増加International Farm Comparison Network(IFCN)によると、2021

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました