国立競技場を支える照明とは–まぶしさへの配慮や4K8K対応を実現する工夫と技術

2017-08-24_00h03_35 IT総合
東京2020で数々の舞台となった新国立競技場だが、その内部にはアスリートファーストとそこで巻き起こる熱戦を高精細かつリアルに伝えるための照明設備が整えられている。従来の競技場とは異なる、まぶしさへの配慮や4K8K放送に対応した高演色性など、パナソニックが約2年の月日を費やして開発、設計した最新鋭の照明設備には、多くの工夫と技術がつまっている。
Source: シーネットジャパン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました