消費者物価(全国2022年8月) ―― コアCPI上昇率は10月に3%へ

マーケティング
この記事は2022年9月20日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「消費者物価(全国22年8月)-コアCPI上昇率は10月に3%へ」を一部編集し、転載したものです。 (画像=Joe/stock.adobe.com)目次総合指数の上昇率が約30年ぶりの3%物価上昇品目の割合は引き続き7割を超えるコアCPI上昇率は10月に3%へ総合指数の上昇率が約30年ぶりの3%総務省が9月20日に公表した消費者物価指数によると、22年8月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比2.8%(7月:同2.4%)となり、上昇率は前月から0.4ポイント拡大した。事前の市場予想(QUICK集計:2.7%、当社予想も2.7%)を上回る結果であった。 (画像=ニッセイ基礎研究所)食料(生鮮食品を除く)の伸びが高まったことに加え、携帯電話通信料の値下げの影響が縮小したことが、コアCPIを押し上げた。生鮮食品及びエネルギーを除く総合(コアコアCPI)は前年比1.6%(7月:同1.2%)と2%に近づいている。生鮮食品が前年比8.1%と高い伸びが続いていることから、総合は前年比3.0%(7月:同2.6%)となり、消費税率引き上げの影響を除くと、91年11月(前年比3.1%)以来、30年9ヵ月ぶりの3%台となった。 (画像=ニッセイ基礎研究所)コアCPIの内訳をみると、ガソリン(7月:前年比8.

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました