資金循環統計(2022年4-6月期) ―― 個人金融資産は2,007兆円と3期連続で2,000兆円の大台を維持、日銀の長期国債保有割合は5割に肉薄

マーケティング
この記事は2022年9月20日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「資金循環統計(22年4-6月期)~個人金融資産は2,007兆円と3期連続で2,000兆円の大台を維持、日銀の長期国債保有割合は5割に肉薄」を一部編集し、転載したものです。 (画像=takasu/stock.adobe.com)目次個人金融資産(22年6月末):前期比では3兆円増家計の資金流出入の詳細:現預金残高が過去最高を更新、投資もやや積極化その他注目点:家計の資金余剰は縮小、日銀の長期国債保有割合は5割に肉薄個人金融資産(22年6月末):前期比では3兆円増2022年6月末の個人金融資産残高は、前年比25兆円増(1.3%増)の2,007兆円となり、過去最高であった昨年末(*1)には及ばないものの、3四半期連続で2,000兆円の大台を維持した(*2)。年間で見た場合、内外株安などを背景に時価変動(*3)の影響がマイナス10兆円(うち株式等がマイナス8兆円、投資信託がマイナス6兆円)発生したものの、資金の純流入が35兆円あり、個人金融資産残高の増加に繋がった。四半期ベースで見ると、個人金融資産は前期末(3月末)比で3兆円増と2四半期ぶりに増加した。例年、4-6月期は一般的な賞与支給月を含むことから資金の純流入が発生する傾向があり(*4)、今回も15兆円の資金純流入があった。一方、この間に主要中銀の相次ぐ利上げによる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました