小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから

2017-08-24_00h03_35 VR
2022年9月22日(木)、Picoはコンシューマー市場向けの新たな一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズを発表しました。解像度は4K、視野角105度の性能ながら、295gの軽量さを実現しています。通常モデルとハイエンドモデル「Pico 4 Pro」の2つのラインナップ。「Pico 4 Pro」にはアイトラッキングと表情トラッキングが内蔵され、より豊かなアバター表現が可能になっています。
Pico 4はストレージ別に128GB版、256GB版の2モデルが展開。128GB版は429ユーロ(約59,500円)、256GB版は499ユーロ(約69,000円)と発表されており、日本では10月7日に発売。正確な価格は不明です。
 
画質は4Kクオリティで小型軽量化
Pico 4は片目2160×2160の解像度のLCD(液晶)パネルを2枚搭載しています。小型化に合わせ、1インチあたりのピクセル密度は1200ppiと高くなっています。
100%のSRGBを謳(うた)い、これまでPicoが販売してきたVRヘッドセットの中で最も発色が良いとのこと。リフレッシュレートは90Hz、視野角は対角105度です。
薄型化のためにレンズにはパンケーキレンズを採用。ヘッドセット前部の厚みは35.8mmです。ヘッドセット前部の4つのRGBカメラで空間を認識し、外部センサーを使わずに自由に動ける6

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました