ローソン、コンビニでアバター接客を導入 人手不足や深夜の就労対策

VR
9月22日、コンビニ大手の株式会社ローソンはアバター事業を手掛けるAVITA株式会社と、協業を発表しました。
両社は、人手不足や深夜の就労対策としてアバターを活用。時間、場所、年齢、性別、身体的ハンディキャップなどに制約されない新たな働き方や、リアル店舗でのアバター接客の実現を目指す、とのことです。同時にアバターワーカーの一般募集もスタートしています。
コンビニでアバター接客を導入。11月末都内店舗より開始
AVITAとローソンは、2022年4月よりアバター技術活用の連携において検証を開始し、本協業に至りました。協業の第1弾事業として、11月末に都内にオープン予定の未来型店舗「グリーンローソン」に、AVITAのアバター接客サービス「AVACOM」の導入を発表。アバターを活用した接客の実装や、VTuberとのコラボレーションなどを企画している、とのことです。
アバター接客の導入にあたり、ローソンはアバターワーカーの一般募集を開始しています。10~30名の採用を想定しており、合格者は研修を受講したのちに、11月末から「グリーンローソン」で勤務予定です。
今後両社は、2023年度中を目処に、東京と大阪のローソン10店舗で勤務するアバターワーカー50名の育成を計画しているようです。さらに2025年度中には、全国各地のローソン店舗で活躍するアバターワーカー1,000名の育成を目指す、とし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました