【茨城県】柳沢筑波大教授がブレークスルー賞受賞 生命科学分野、睡眠制御の研究評価

2017-08-24_00h03_35 IT総合
研究について説明する柳沢正史教授=筑波大
米グーグルやフェイスブックの創業者らが出資する科学賞「ブレークスルー賞」の生命科学分野に22日、睡眠研究の分野で世界的に知られる茨城県筑波大の柳沢正史教授(62)が選ばれた。柳沢教授は、睡眠と覚醒の切り替えを制御する神経伝達物質「オレキシン」を発見、日中に突然眠り込む睡眠障害「ナルコレプシー」の原因の解明や、治療薬や睡眠薬開発の進展に貢献した。同大で記者会
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました