嬉野温泉駅開業! 佐賀県・嬉野市の温泉街を楽しめるメタバース誕生

IT総合
観光で温泉街へ訪れたり、観光地の名物品を購入したりしたいものの、移動の手間や感染症のリスクなどの理由から、なかなか出かけられないという人もいるのではないでしょうか。
「デジタルモール嬉野」は、ユーザーが佐賀県・嬉野市の観光地をアバターで訪問できるバーチャル空間。嬉野市にある店舗の名産品を購入できるほか、ユーザー同士の交流を楽しめます。
嬉野温泉駅・観光交流センターを再現
「デジタルモール嬉野」は、大日本印刷株式会社が佐賀県嬉野市、日本工営株式会社、株式会社ケー・シー・エスと連携して構築したメタバース空間。
2022年9月23日(金)に開業する嬉野温泉駅と、同時開業する嬉野観光交流センターなどを再現した空間内を、アバターで自由に散策できます。
嬉野市に関する観光情報を収集したり、出展店舗にて名産品を購入したりすることも可能。
また、メタバース内に複数設置されているコインを入手すると、コイン数に応じてリアルの店舗で利用可能な特典を得られる「カプセルトイ」をゲットできます。
ユーザー同士がチャットで交流できる
デジタルモール嬉野へは、専門機器ではなく、PCやスマートフォンなどのデバイスでどこからでもアクセスすることが可能。
同じ空間に30名まで(同時接続で200名以上)参加できるほか、同じ空間内の利用者同士でチャットで会話を楽しめるため、誰かと一緒に観光している気分を味わえるでしょう。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました