ビデオオフでのウェブ会議は意思決定の質が低下–オンラインコミュニケーション協会が検証

2017-08-24_00h03_35 IT総合
オンラインコミュニケーション協会は9月13日、武蔵野大学(経営学部 経営学科 准教授)の宍戸拓人氏と共同で、オンラインコミュニケーションにおけるビデオON(顔が映る状態)とビデオOFF(顔が映らない状態)の影響を検証したと発表した。
Source: シーネットジャパン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました