低年齢層ほどテレワークで生産性が向上したと感じた傾向 ―― テレワークで生産性が上がった人/下がった人(2)

マーケティング
この記事は2022年09月21日に「ニッセイ基礎研究所」で公開された「低年齢層ほどテレワークで生産性が向上したと感じた傾向-テレワークで生産性が上がった人/下がった人(2)-」を一部編集し、転載したものです。 (画像=vectorfusionart/stock.adobe.com)目次はじめに低年齢層ほど、テレワークによって生産性が向上したと感じた人は多い傾向年収や管理職であるかどうかを考慮しても、年齢層が低い人の方がテレワークによって生産性が高まった人が多いおわりにはじめに本稿を含めて全8回の基礎研レターでは、ニッセイ基礎研究所が独自に行ったアンケート調査のデータを用いて、テレワーク拡大によってどのような人は生産性が向上したと感じ、どのような人は生産性が低下したと感じたのかを分析した結果を紹介していく。本稿ではそのうち、年齢層よる違いに注目した分析結果を紹介する。結果を先取りしてお伝えすれば、低年齢層ほど、テレワークによって生産性が向上したと感じた人が多い傾向が見られた。低年齢層ほど、テレワークによって生産性が向上したと感じた人は多い傾向日本で新型コロナ拡大が始まって以降(2020年1月以降)テレワークを行った人へ、「在宅勤務・テレワークで仕事をする時、勤め先に出社して仕事をする場合と比べて、仕事の生産性をどう感じましたか。」という質問をした際の回答の年齢層別の分布を示したのが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました