iPhone 14の衝突検出機能、実際にクルマを横転させて検証したYouTuber現る

ガジェット総合
iPhone 14シリーズとApple Watch新モデルの目玉機能の1つが、自動車事故の衝突検出機能です。この機能は激しい交通事故を自動的に認識し、緊急電話が救急隊員や緊急連絡先に発信されるように設計されています。
↑Image:Luke Miani
 
本機能は、交通事故に特有の衝撃やエアバッグが開いたときの気圧の変化、マイクが拾った衝突音などを総合的に判断しており、「実際に事故を起こす」しか動作を確かめようがありません。単にiPhoneを落としたり、投げたり転がしたりしただけでは発動しないとの報告もありました。
 
そんな衝突検出機能を、実際に4台のクルマを事故らせて検証したYouTuberが現れました。
 
つい先日も、YouTubeチャンネルTechRaxのチームがiPhone 14 Proを運転席のヘッドレストに固定した無人車をリモコン操作し、スクラップ車両を何台か重ねた壁にぶつけるテストを行ったばかりです。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=MZn6K44qfdU?feature=oembed&w=640&h=360]
 
さて今回の動画は、YouTuberのLuke Miani氏とSam Kohl氏が公開したものです。2人は4台のものクルマを使い、前方や側面、後方

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました