ブルース・ウィリスがディープフェイクを使って映画や広告で自身を使用する権利を売却

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
「ダイ・ハード」シリーズや「アルマゲドン」、「シックス・センス」など数々の映画で活躍してきた俳優のブルース・ウィリスは、2022年3月に失語症を理由に俳優業を引退しました。そんなブルース・ウィリスが、「ディープフェイクを使って自身のデジタルツインを映画や広告に出演させる権利」を売却したことが明らかになりました。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました