ゲノム編集技術を用いて標的にしたがん細胞を攻撃する免疫細胞の作成に成功

2017-08-24_00h03_35 IT総合
ゲノム編集技術を用いた個別化がん免疫療法で大きな飛躍
ゲノム編集技術CRISPR/Cas9を用いて、標的とするがん細胞を攻撃するようにDNA配列を改変した免疫細胞(T細胞)を作成することに成功したとする小規模臨床試験の結果が報告された。
がん治療で熱心に研究が進められている2つの領域である、がんの遺伝子情報に基づく個別化医療と、T細胞の遺伝子改変によりがん細胞に対する攻撃力を高める治療法とを組み合
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました