米議員、401kでの仮想通貨投資の再考をフィデリティに要請

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米民主党上院議員の3人が、世界最大級の401k(米国の確定拠出型年金)運用会社であるFidelity Investmentsに対し、雇用主に加入者や従業員がビットコインをはじめとする仮想通貨に投資できるよう許可するという、同社の決定を再考するよう求めた。
Source: シーネットジャパン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました