暗号資産界のリーマンショック FTX破綻のインパクトとFTXジャパンの行方

マーケティング
maurice norbert/stock.adobe.com、ZUU online暗号資産業界最大規模の経営破綻となる見込みついに米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手や女子テニスの大坂なおみ選手まで訴えられた──。2022年11月16日、世界的な日本人スポーツ選手の2人がアメリカ・フロリダ州の連邦地裁に提訴された。プレー中に問題を起こしたり、違法なことを行ったりといった理由ではない。ある企業のブランドアドザイザー、つまり“広告塔”になっていたことで投資家たちに巨額の損害を与えたとして、投資家たちから「賠償責任がある」と訴えられたのだ。ある企業とは、アメリカのFTXトレーディング。サム・バンクマン・フリード氏は、暗号取引会社アラメダ・リサーチを立ち上げた後、2019年に暗号資産(仮想通貨)のプラットフォームFTXを立ち上げた。安い取引手数料を武器に自己資本の20倍ものレバレッジをかけた取引の他、株式をトークン(電子証票)化した株式トークンや暗号資産オプションといったデリバティブ(金融派生商品)など、幅広い商品を取りそろえていることで人気を集めた。そんなFTXが一躍有名になったのは、大谷選手や大坂選手などを始め、アメリカのナショナル・フットボールリーグ(NFL)でスーパーボウル7回制覇に貢献したトム・ブレイディ選手や、米プロバスケットボールNBAのステフィン・カリー選手、シャキー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました