なぜイーロン・マスクは「iPhone脱獄ツール開発者」と手を組んだのか

iPhone・android

Twitterの大量解雇が落ち着き、優秀なエンジニアを探し始めたイーロン・マスク氏。彼はTwitterの機能を急速に改善するため、意外な人物と手を組むことにしたようです。

*Category:テクノロジー Technology *Source:The Verge(1) ,(2) ,@realGeorgeHotz ,Tesla ,Fortune ,George Hotz(Wikipedia)

17歳で「iPhone脱獄ツール」を開発したハッカーがマスクに協力


マスク氏は先日、Twitterの従業員に対し「長時間、高強度で働くか、さもなければ退社せよ」と要求したマスク氏の「極めてハードコア」な最後通告を出しました。

これについて、支持を表明したのが伝説的ハッカーのジョージ・ホッツ氏。彼は17歳のときにiPhoneの「脱獄」を世界で初めて実現。その後にはソニーのPS3のリバース・エンジニアリングを実行し、同社から訴えられたこともある人物です。


彼はマスクの最後通告について、引用ツイートで「これこそ、信じられないようなものを築く姿勢だ」と述べ、同社でインターンシップをすることも厭わないと述べました。これに対しマスクは「もちろんだ、話をしよう」とリプライで返答しています。

ホッツ氏によれば、同氏はT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました