複数の専門店が1か所に集結する「文化祭型飲食店」に注目集まる

ガジェット総合
Withコロナがすっかり定着し、新しいライフスタイルやムーブメントが生まれゆくなか、2022年下半期はどうなっていく……!? これから売れるモノ、流行るコトを「フード・日用品」ジャンルのプロたちに断言してもらった。今回は、徐々に出店が増えている文化祭型飲食店をチェックしていく。
※こちらは「GetNavi」 2022年9月号に掲載された記事を再編集したものです。
 
複数の専門業態が1つの店舗に集結
文化祭型飲食店
↑フードライター 中山秀明さんが予想!
 
日本のハレ文化を体験しながら酒場7店舗で酔い気分に(中山)
↑【外食サービス/2022年7月オープン】/食と祭りの殿堂 浅草横町/住所:東京都台東区浅草2-6-7 東京楽天地浅草ビル4階
 
【ヒットアナリティクス】著名な外食企業も取り入れる文化祭型
これまでの複合店は数社が出店し合う“フェス型”が多かったが、1つの企業が自社で個々の専門業態を展開するのが“文化祭型”。塚田農場を展開するエー・ピーカンパニーも文化祭型の「アルチザンアパートメント」を開業するなど、注目の高さが窺える。
先進技術:★★
顧客ニーズ:★★★★
市場の将来性:★★★★★
独自性:★★★★
コスパ:★★★
 
寿司やホルモン、うなぎ、韓国料理など多彩な酒場7店舗が集結。ハレの日のようなにぎやかな装飾やネオン看板に溢

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました