不動産投資の成功率はどれくらい?数字を高めるために購入すべき物件とは

マーケティング
不動産投資で成功する確率はどれくらいあるのでしょうか。不動産投資に成功するかどうかは投資の目的によって大きく異なります。また、成功と失敗を分けるポイントもあります。本記事では不動産投資で成功するための方法と、成功率を高める物件の選び方を詳しく解説します。不動産投資の成功率は目的によって違う (画像=tamayura39/stock.adobe.com)不動産投資は家賃収入でローンを返済するスタイルのため、安定した投資といわれています。しかし、成功率に関しては購入の目的によって変わるため、どのような結果を目指して投資するのかを明確にする必要があります。成功率に関する正確なデータは存在しませんが、およその成功率の目安を3つのゾーンに分けて考えてみましょう。成功率が高い目的(70%~90%)成功率が高い目的としては、長期的視点に立った投資とサラリーマンの副業として行う投資が挙げられます。長期的視点に立ち老後の年金代わりを目指す不動産投資は、毎月の家賃収入でローンを返済し、完済後に純資産になるのが特徴です。完済後の出口戦略を見据えた長期投資になるので、目先の空室などにも慌てず運用を続けることができます。完済後は売却して現金化するか、そのまま賃貸経営を続けるかを選択できます。賃貸を続ける場合は家賃収入を年金の代わりに受け取ることができ、不動産投資ならではのメリットを活かすことができます。サ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました