東南アジアマーケットの要「タイ」をデータとトレンドで紹介

ガジェット総合
NEXT BUISINESS INSIGHTSでは、世界で注目される発展途上国の現在をさまざまな視点で紐解いています。本記事では、そんな豊富な記事をより深く理解するために、国別に知っておきたい基本情報をまとめました。
 
東南アジアの中央に位置し、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーと隣接するタイは、首都バンコクを中心に既に多くの日本企業が進出しています。東南アジアマーケットのハブ機能の役割を担い、周辺国の経済成長も後押しているタイの現状を紹介します。
 
データで見るタイの概況
 
●人口…6617万人(2021年)
●2050年の人口予想…6594万人
●インターネット普及率…77.8%(2020年)
●携帯電話普及率…190%(2019年)
●スマートフォン普及率…99%
●一人当たりのGDP…7217USドル(2020年、IMF統計)
●総GDP…5064億USドル(2021年、IMF統計)
●その他…立憲民主制。元首はマハー・ワチラロンコン・プラワチラクラ・オチャオユーフア国王陛下(ラーマ10世王)。首都・バンコク。言語はタイ語。
タイの名目GDPは、2014以降は2%前後を安定的に成長させ、2020年は新型コロナウイルスの影響でマイナスを記録しましたが、2021年はプラスが見込まれるなど、周辺国とともに東南アジアの成長を続けていく上

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました